スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竪琴教室 林音 (たてごときょうしつ りんね)始めました。

tategotokyoshitsu

森のハープ弾きこと阿久津瞳です。

宇都宮市平松本町で一般的にアイリッシュハープと呼ばれるノンペダルハープを教えています。
1時間レッスン4000円。
お一人でも、親子やお友達同士でも大丈夫です。
スカイプレッスンもしています。

定期的にレッスンに通えなくても、一度でいいからハープに触ってみたいという方でも大歓迎です!
演奏依頼等も受付中です♪

​「アイリッシュハープ教室」にすると、なんだかアイリッシュミュージックしかやらないイメージになりそうなので、
ジャンルにこだわらず気軽にハープを楽しんでもらうため竪琴教室という呼び方にしてます。
林で育った木から生まれ変わった竪琴が、その音色を奏でる人の人生を豊かにできますようにとの意味で名前をつけました。
お気軽にお問い合わせ下さい(^^)


講師、教室のWebページはこちら

http://moriharp.wixsite.com/moriharp

facebookページはこちら
https://www.facebook.com/harproomlinne/

どうぞよろしくお願いいたします🎶
スポンサーサイト

ブログ再公開のお知らせ。

森のハープ弾き アイルランド紀行 のブログにお越しいただいてありがとうございます。

アイルランドから帰国後に色々悩み、一時期予告もなしにブログを非公開にしていました。
見たかったのに見られなかった方がいましたら申し訳ございませんでした。

最近やっと前を向けるようになってきたので再公開いたします。
拙いブログですが、お楽しみ下さいませ。

新ブログ作りました。 I made a new blog.

こんばんは。

帰国後の生活もまあまあ落ちついて来たので新ブログを立ち上げました。

http://moriharpjpn.blog.fc2.com

日本での演奏活動ほか日々の出来事を記録していけたらと思っています。

このブログ、よくもまあ一年で300件以上記事を書きましたね。

読み返してみて、こんな事あったなーと懐かしかったり、自分アイリッシュハープもアイリッシュミュージックも全然わかってなかった、とか恥ずかしくなったりもしました(今でもよく分からないけど。)。

誤解を招きそうな記事は修正しつつ、未熟ながらアイルランドで一年生活して来た記録として今後アイルランドへ行く方の参考になればいいかなと思い、このままブログは残しておくつもりです。

一年間は短かったですが、アイルランドで一年間音楽をやれたのは貴重な体験だったと思います。
今後日本で練習したり、またアイルランドへ行ったりして勉強を続けようかなと思います。

アイリッシュのダンスチューンは34弦ハープで弾きたいですし、34弦が手に入るまではしばらくハープでも日本の唱歌とかジブリとかポピュラーな曲のレパートリーを増やしたり、メロディーから伴奏のアレンジを作る訓練をメインにしていこうと思います。いつか人にハープを教えるときもその知識が役に立つでしょう。

アイリッシュミュージックとは別の方向で、日本の木とか森と音楽を組み合わせて何か面白い事をしたいという気持ちも大きいので、そっちも平行してやっていけたらと思います。

moriharp

今後とも、森のハープ弾きをどうぞよろしくお願い致します。

アイルランド滞在まとめ

今回のアイルランド滞在についてまとめてみました。

最初に大事な大事なお金の話。

★入国後一ヶ月までの支出

往復航空券169,000円
海外旅行保険 149,080円
ワーキングホリデーサポート費用 108,000円
一ヶ月ホームステイ費用 100,800円
語学学校授業料(8週間) 140,400円
国際送金手数料 2,500円

フィドル送料(EMS) 7,350円
アイリッシュハープ送料(EMS)24,450円

模擬刀 預け入れ料金 7,100 円
荷物重量超過料金 11,500円

その他諸々購入費 約30,000円

●出国前までの総計 750,180円

最初に円からユーロに換金した現金 70,000 円
その後国際キャッシュカードで引き出した金額 76,000 円
外国人登録費 43,200 円

●入国後一ヶ月までの何かと物要り費用 189,200円

◎入国後一ヶ月までの支出計 939,380円

私は刀とか楽器とか変なものいっぱい持って来てるので、普通の人はもっと安く済むと思います。

入国一ヶ月以降から帰国までの費用は円グラフにまとめてみました。

ryugakuhiyou


◎入国一ヶ月後以降から帰国までの支出計 17,697.27€

医療費やフィドルの修理代など保険から返ってきたもの、その他返金されたもの、一時帰国の費用などは抜いてます。

その時の為替レートにもよるでしょうが、アイルランドでダブリンに滞在しながら音楽を勉強しつつ1年過ごすにはだいたい300万円〜350万円くらいという結果でした。

ダブリン以外の地方都市に住んだらもう少し住居費などが安く済むかも。私はハープとフィドルの二種類の楽器をやってたのですが、一種類に絞ればもう少し安くなるかなと思います。
大学のコースとかに入ったら授業料でもっとかかるでしょう。。。

続いて収入編。

☆バスキング(ストリートミュージシャン)、結婚式やパブでの演奏、単発のアルバイトなどの総収入 5489.5€
 クラウドファンディング収入 242,182円

バスキングとクラウドファンディングいう収入が無かったらと思うと本当にゾッとします。。。こんなに思う存分レッスンを受ける事はできなかったでしょうね。あとは親からの200万円借金、、、出世払いできるように頑張ります。

ハープはアイルランドのシンボルにもなっている割には奏者が少なくて珍しく、演奏レベルどうこう以前に「ハープ」ってだけで目立ちますし、メロディーだけでなく伴奏も一人で出来るので、バスキングで収入を得るには最適な楽器だったと思います。

あとは思う事をつらつら書いていきます。

今回の滞在では私は本当に恵まれていたと思います。
素晴らしい先生たちに習う事が出来たし、居合も続けられたし、シングルルームの楽器練習し放題の部屋に住めたし、同居人のイラン人の方々もとても優しくてトラブルも無かったし、バスキングという収入源があったし、音楽仲間も友達もたくさん出来たし、これで文句言ったらバチがあたりそうです。

こうしたらもっと良かったなーという事はいくつかありますね。

アイルランドにアイリッシュハープを習いに来る前にしておけば良かった事は楽典とコード理論と伴奏付けについての勉強です。
本当基本的な事も全く分かってなかったので。。。もっとそこら辺の知識があれば滞在中に学べた事ももっと違っていたのではないかと思います。

フィドルとかティンホイッスルとかの旋律楽器を習う場合は場合はそういった知識はほとんど必要ないです。もともとアイリッシュミュージックは伴奏の無いメロディーのみの音楽なので。

あとKerry州に行けなかったのが心残り。自然がすごく美しいのは知っていたのですが、結局タイミングを逃し行けずじまい。今度アイルランドに行くときはKerry州に一週間くらい滞在したいな。あとスライゴー、ウエストコークも行きたい。

アイルランドに行って日本の良さや悪さに気づけたのは良かったと思います。

日本のお店ってなんてサービスが良いんだろうって思いました。
アイルランドのお店は品揃えが良いとは言えなかった。。。バスキング用の椅子とか、段ボールとか、梱包用のプチプチとか、日本だったらホームセンターに行けばすぐ手に入りそうなものでも必死に探しまわらなきゃならなかったし、ここには無いけどあのお店なら置いてるかもって同業者のライバル店を紹介する事が多くてたらい回しみたいになった事も何度かありました。。。自分の店の品揃えを充実させようとかいう考えは無いらしい。
レストランのサービスも無愛想なことも多いし、閉店時間ならお客さんがいてもお構い無く掃除始めるし、日本の「お・も・て・な・し」には敵わないですね。

日本人の赤ちゃんに対する態度って何て冷たいんだろうって思いました。
アイルランドは出生率が結構高いし、街中歩いててもしょっちゅうベビーカー見かけます。バスに乗る時ベビーカー押してるお母さんがちょっと手間取ってたりすると近くの男性がすかさず手伝っている光景を何度も見ました。その時日本のニュースたまたま見てたらベビーカー論争とかやっていて、これじゃ日本で子供育てたいって思えないよなーと感じました。

あと私はバスキング行く時ハープにアンプに椅子に、時々フィドルも持って大荷物の事が多かったのですが、見知らぬ街中の人が「手伝おうか?」って声をかけてくれる事が何度もあってとても嬉しかったです。
アイルランドの人はカトリック信者が多いのもあって困ってる人を助けずにいられない気質が強いのかなって思いました。そのためか、バスキング中よく見かけたのですが、街中で座ってる物乞いの人にも結構お金あげちゃうのです。。。物乞いの人って多分バスカーの私よりずっと稼いでました。。。でもその人もらったお金でドラッグ買ったりするから結局その優しさがあだになってしまうのですが。

アイルランドも日本も、自然や田舎の風景は甲乙つけがたいくらい美しいです。
自分が田舎出身って言うのもあるでしょうけれど、自然が近くにあるところが好きですね。
次アイルランドに来るときはもちろんダブリンも来るけれど、滞在の拠点は地方になるでしょう。

これから一年間、日本でハープとフィドルを練習しつつお金を貯めて、来年の夏にまたアイルランドに行くことが目標です。

今回のアイルランド滞在でお世話になった方々すべてに感謝致します。
ありがとうございました。

ブログランキング参加中です。
ぽちっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村









帰国後の近況。 The present situation

こんにちは、

日本に帰国してもうすぐ2週間。早いものですね。
私はとても元気です。

Two weeks have passed since I came back to Japan.
I'm fine.

毎日納豆と白いご飯が食べられて幸せです。
家の周りは田んぼだらけなので毎晩カエルの声が聞こえます。

I'm happy to have natto and rice everyday.
There are many rice fields around my home.

ブログには書かなかったですが、この二週間ぼーっと過ごしていた訳ではなくいろいろ動いてました。
住民票登録、休止していた車の保険、携帯番号とメールアドレスの復活etc…
週二回の居合のお稽古にも戻りました。

I started practicing Iaido.

アイリッシュミュージック関連でも勉強を続けていて、この二週間で寺本圭佑さんの金属弦ハープのレッスン、Takaさんのフィドルのレッスン、コードから伴奏をアレンジするためのレッスンなどを受けてきました。
車のBGMはいつもアイリッシュミュージック。

I'm keep learning Irish music.

帰国後初となる演奏依頼もゲットしました。
今週と来週は国産材ハープ制作に向けてハープ職人さんを訪ねる旅に行ってきます。

japanesefoods2

japanesefoods1

japanesefoods3

ラーメン、うな重、お好み焼き♪
やっぱり日本の食べ物はおいしいですね。

Japanese foods are delicious!

だいたいこんな感じです。

後ほど今回のアイルランド滞在の総括した記事を書きます。

ブログランキング参加中です。
ぽちっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
sidetitleプロフィールsidetitle

森のハープ弾き    (阿久津 瞳)

Author:森のハープ弾き    (阿久津 瞳)
国産材竪琴奏者。栃木県芳賀町生まれ。獅子座。O型。
2011年に宇都宮大学農学部森林科学科を主席で卒業。
森林インストラクターの資格を持つ。
那須のホテル「二期倶楽部」で森のコンシェルジュとして
3年間自然ガイドの経験を積んだ後、
アイルランドに渡り1年間アイリッシュハープとアイリッシュフィドルを学ぶ。

アイルランドでは1年間ブログで300件以上の記事を更新。
冬以外の季節は毎日アイルランドの植物の紹介を続けた。

アイリッシュハープを村上淳志氏、Janet Harbison氏に師事。
アイリッシュフィドルをPaul MacNevin 氏、Taka氏に師事。

22歳でハープ、25歳でフィドルを始める。
武道が好きで、居合道四段。弓道二段。

2015年5月に1年間のアイルランド滞在から帰国するも、リエントリーショックにより一時期引きこもる。2016年秋くらいから徐々に復活。

日本の森を勉強してきたので、演奏する楽器は国産材にこだわっている。
いつかフィドルも人前で弾けるレベルにしたいが、メインはハープ。

演奏動画はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCGzJphL9Zn8atsaIkFUMH-w

メールはこちらまで。
moriharp★gmail.com
★の部分を@に変えてお送りください。

公式ホームページはこちら
http://moriharp.wixsite.com/moriharp
更新中の新ブログはこちら。
森のハープ弾き つれづれ日記

Harper in the Forest Hitomi Akutsu

Player of domestic timber harp
Born in Haga town in Tochigi prefecture

I graduated first on the list, Utsunomiya University, Department of Forest Science.
After I had worked as a nature guide in Niki Club in Nasu for 3 years,
I went to Ireland to learn Irish harp and Irish fiddle for a year.

I learned Irish harp under Junshi Murakami and Janet Harbison,
and learned Irish fiddle under Paul MacNevin and Taka.

I love Budo, Japanese martial arts, too.
I have the fourth dan of Iaido and the second dan of Kyudo.

As I have studied Japanese woods, I have a special interest in the musical instruments made of domestic timber.
I play the harp mainly, to be sure but, I would like to improve my fiddle skill too.

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleバナーsidetitle
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。