FC2ブログ

セッションでフィドルを弾く。Playing the fiddle at a session

おはようございます。

日曜日はいつものようにO'Donoghue'sでセッション。

I went to O'Donoghue's on Sunday as usual.

この前セッション仲間のPさんに、フィドルやってるならセッションに持って来なよってアドバイスいただきました。
家で一人で練習してるより、初心者のうちからセッションに楽器持って来て参加してみるのが良いとの事です。

兼好法師も徒然草で同じような事書いてたような。。。
Facebookで記事回って来てなるほどなと思いました。

一人でこっそり練習して、ある程度見られるようになってから披露すると言ってる人は上手くなることは出来ない。下手なうちから上手な人に交じって恥かきながらでも頑張っていれば上手くなれる。
http://spotlight-media.jp/article/100563486853485960

ということでハープに加えてフィドルでもセッションに参加。
ここのセッション、複数の楽器操る方は何人もいらっしゃいます。

I tried playing the fiddle at a session.

fiddleplaying

Pさんにいつの間にか写真撮られてました。

セッションチューンはメロディー知ってるのが一つだけあって、ちょっと弾いてみましたがやっぱりペースについて行くの難しい。。。でもこうやって慣れていくのかしら。

あと、O'Donoghue'sでは歌を歌う人が多いのですが、そのときにメロディーではなくてハモリみたいな音(対旋律っていうのかなあ?上手く説明できないけど)を他のフィドラーが弾いているのを見てマネしてみました。
歌はそんなに速くないし、これなら何とか弾いてる感が出せそうです。

知ってるのに弾けない曲がいっぱい出てくると、弾けるようになろう、って言うモチベーションにもなっていいですね。

途中抜けてバスキング行こうと思ってたのですが雨で断念。
半野外でやってる昼のセッションからお店の中の夜のセッションへ直行しました。

最近セッションにハープのコード弾きで参加してるのですが、マンドリン奏者の方がリズムの出し方とか、ここでマイナーコード入れるとかっこいいんだ!とか助言してくれてとても勉強になります。

また来週もハープとフィドルを持って来よう。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この度、クラウドファンディングという方法で、Janet Harbison先生のアイリッシュハープのレッスン費(1週間コース)を集めることとなりました。

ちなみにクラウドファウンディングとは、インターネット経由で不特定多数の個人から支援金を集めるサービスで、新しい資金調達の手段として注目されています。
この度私が利用させてもらうのは、日本初のクラウドファンディングサイト、READYFOR?です。

https://readyfor.jp

クラウドファンディングは金銭的リターンのない「寄付型」、金銭リターンが伴う「投資型」、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」という3つの種類があるのですが、このサイトは「購入型」です。

今回ご支援いただいた方には、金額に応じてサンクスレター、アイルランドのお土産品、ケルト模様のシルバーアクセサリーなどをお送りいたします。

また、All or Nothingという仕組みで、募集期間の終了時に目標金額に届かなければ0円になってしまいます。目標金額に届けば、集まった金額から15%の手数料を引いた額を頂く事が出来ます。

プロジェクトページはこちら。

https://readyfor.jp/projects/harplesson

Facebookやtwitterでシェアしていただいたり、広報にもご協力頂ければ大変助かります。

アイルランドから帰国後は、日本の国産材でアイリッシュハープを作り(職人さんにもコンタクトを取れました)、それを使って演奏活動をする事で、みなさんにアイリッシュハープの音色を楽しんでいただくとともに、現在、日本の国産の木が使われない事で起きているいろいろな問題を知ってもらったり、森や木について興味を持ってもらうきっかけを作りたいと思っています。

そのために今、まだアイルランドにいられる間に、アイリッシュハープの演奏技術を上げるためのレッスンを少しでもたくさん受けておきたいです。

私の夢にご協力頂けませんか?
どうぞよろしくお願いいたします。

おかげさまで目標金額は達成いたしました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます。
レッスン費以上に集まった分は国産材ハープ制作費に当てますので、今後もご協力いただければ幸いです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ブログランキング参加中です。
ぽちっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



フィドルがーーーーー!My fiddle ….

brokenfiddle

フィドル割れてるーーーー!

My fiddle was broken!

日本からダブリンに帰って来てケースを開けたら、私の愛しのフィドルがこんなになってしまいました大泣。

When I came back to Dublin and opened the fiddle case, I found a big crack in my fiddle.

ケース落としたりしてないし、何でこんなになっちゃったの??
見たときはショックでショックで悲しくて悲しくて。。。

でも割れちゃったものはもうしょうがないので、とりあえず修理してもらわないと。
幸運にもハープの先生の義弟さんがバイオリン職人さんって聞いていたのでご紹介いただき(先生お正月休み中だったのに申し訳無かったですが。。。)、次の日にはアポイントを取って早速工房へ行ってきました。

I visited a violin maker who was my harp teacher's brother‐in‐law the day before yesterday.

工房を訪ねるとバイオリン職人さん(以下Yさん)が出迎えてくれました。エプロンしてて優しそうでリアル聖司くんって感じです(フランス人ですが)。
工房はバイオリンがいっぱいぶら下がって、耳をすませばのワンシーンを見てるみたいでした。

Yさん曰く、私のフィドルは表板の2枚の板のちょうどつなぎ目で割れているので、乾燥した空気で割れた可能性が高いとのことでした。

He said my fiddle was broken by the cold and dry climate in Japan.

日本では暖かくて加湿器のかかった家の中でさえ毎回チューニングが狂いまくっていて、バイオリンって気候に敏感なんだなーとは感じていました。アイルランドではこんな事無いのに。
ケースにしまう時には無傷だったので、自宅からダブリン空港のどこかで割れたのかも。

今度は乾燥で割れないように、強力な接着剤でくっつけてくれるそうです。
表板外さないといけないから修理代は数百ユーロくらいしちゃうのですが、できるだけ低く抑えてくれました。
大好きなフィドルの修理のためなので仕方ありません。

来週には直るそう。
しばらくはフレットフィドルで練習です。

My fiddle will be repaired next week.

こっちに戻って来てからフィドルだけじゃなくて、iPhoneの充電器とイヤホンも壊れて予想外の出費がかさんでます。
今日は晴れなのでバスキング行って来よう。クリスマス過ぎたから多分あんまり儲からないけど。。。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この度、クラウドファンディングという方法で、Janet Harbison先生のアイリッシュハープのレッスン費(1週間コース)を集めることとなりました。

ちなみにクラウドファウンディングとは、インターネット経由で不特定多数の個人から支援金を集めるサービスで、新しい資金調達の手段として注目されています。
この度私が利用させてもらうのは、日本初のクラウドファンディングサイト、READYFOR?です。

https://readyfor.jp

クラウドファンディングは金銭的リターンのない「寄付型」、金銭リターンが伴う「投資型」、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」という3つの種類があるのですが、このサイトは「購入型」です。

今回ご支援いただいた方には、金額に応じてサンクスレター、アイルランドのお土産品、ケルト模様のシルバーアクセサリーなどをお送りいたします。

また、All or Nothingという仕組みで、募集期間の終了時に目標金額に届かなければ0円になってしまいます。目標金額に届けば、集まった金額から15%の手数料を引いた額を頂く事が出来ます。

プロジェクトページはこちら。

https://readyfor.jp/projects/harplesson

Facebookやtwitterでシェアしていただいたり、広報にもご協力頂ければ大変助かります。

アイルランドから帰国後は、日本の国産材でアイリッシュハープを作り(職人さんにもコンタクトを取れました)、それを使って演奏活動をする事で、みなさんにアイリッシュハープの音色を楽しんでいただくとともに、現在、日本の国産の木が使われない事で起きているいろいろな問題を知ってもらったり、森や木について興味を持ってもらうきっかけを作りたいと思っています。

そのために今、まだアイルランドにいられる間に、アイリッシュハープの演奏技術を上げるためのレッスンを少しでもたくさん受けておきたいです。

私の夢にご協力頂けませんか?
どうぞよろしくお願いいたします。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ブログランキング参加中です。
ぽちっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村



sidetitleプロフィールsidetitle

森のハープ弾き    (阿久津 瞳)

Author:森のハープ弾き    (阿久津 瞳)
森のハープ弾き 阿久津 瞳
栃木県芳賀町生まれ。2011年に宇都宮大学農学部森林科学科を首席で卒業。
森林インストラクターの資格を持つ。
大学卒業後3年間、自然ガイドとして働きつつハープを習い、
その後アイルランドに渡り1年間アイリッシュハープとアイリッシュフィドルを学ぶ。
現在栃木県民の森で森の案内員をしながら宇都宮市でハープ教室「竪琴教室 林音」を主催。
日本の木にこだわったハープを奏で、国産材ハープ製作にも挑戦している。
居合道五段。

2015年5月に1年間のアイルランド滞在から帰国するも、リエントリーショックにより一時期引きこもる。2016年秋くらいから徐々に復活。

日本の森を勉強してきたので、演奏する楽器は国産材にこだわっている。
いつかフィドルも人前で弾けるレベルにしたいが、メインはハープ。

演奏動画はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCGzJphL9Zn8atsaIkFUMH-w

メールはこちらまで。
moriharp★gmail.com
★の部分を@に変えてお送りください。

公式ホームページはこちら
http://moriharp.wixsite.com/moriharp
更新中の新ブログはこちら。
森のハープ弾き つれづれ日記

Harper in the Forest Hitomi Akutsu

Player of domestic timber harp
Born in Haga town in Tochigi prefecture

I graduated first on the list, Utsunomiya University, Department of Forest Science.
After I had worked as a nature guide in Niki Club in Nasu for 3 years,
I went to Ireland to learn Irish harp and Irish fiddle for a year.

I love Budo, Japanese martial arts, too.
I have the fourth dan of Iaido and the second dan of Kyudo.

As I have studied Japanese woods, I have a special interest in the musical instruments made of domestic timber.
I play the harp mainly, to be sure but, I would like to improve my fiddle skill too.

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleバナーsidetitle
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR