FC2ブログ

雪降った。It snowed yesterday.

おはようございます。

昨日はお昼の時点では晴れてましたが、天気予報では雪と雨って出てて、バスキングに行くかどうか迷ってました。

I wondered if I should go busking or not yesterday.
It was sunny around noon, but weather forecast said it would be snow or rain.

天気の見極めは難しいところです。無理して行って、シティーセンターに着いたとたんに雨が降ってバスキングできなかったら4.1ユーロのバス代が赤字になるし、行って帰ってなんだかんだ1〜2時間無駄になってしまうので。外出しないで家で練習してた方が時間を有意義に使えます。

一度ハープ持って外に出たら雪がちょっとだけちらついて、嫌な予感がしたので今回はバスキング行きませんでした。

そうしたら夕方4時ごろ猛烈な吹雪になりました。行かなくて良かった。。。帰りのバスとかカオスだったでしょう。

It started snowing about 4 o'clock.
It was lucky not to go to city centre.

雪はちょっと積もりましたがすぐ消えてしまいました。

バスキング行けないのは困るけど、一度雪がたくさん積もったダブリンも見てみたい気がします。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この度、クラウドファンディングという方法で、Janet Harbison先生のアイリッシュハープのレッスン費(1週間コース)を集めることとなりました。

ちなみにクラウドファウンディングとは、インターネット経由で不特定多数の個人から支援金を集めるサービスで、新しい資金調達の手段として注目されています。
この度私が利用させてもらうのは、日本初のクラウドファンディングサイト、READYFOR?です。

https://readyfor.jp

クラウドファンディングは金銭的リターンのない「寄付型」、金銭リターンが伴う「投資型」、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」という3つの種類があるのですが、このサイトは「購入型」です。

今回ご支援いただいた方には、金額に応じてサンクスレター、アイルランドのお土産品、ケルト模様のシルバーアクセサリーなどをお送りいたします。

また、All or Nothingという仕組みで、募集期間の終了時に目標金額に届かなければ0円になってしまいます。目標金額に届けば、集まった金額から15%の手数料を引いた額を頂く事が出来ます。

プロジェクトページはこちら。

https://readyfor.jp/projects/harplesson

Facebookやtwitterでシェアしていただいたり、広報にもご協力頂ければ大変助かります。

アイルランドから帰国後は、日本の国産材でアイリッシュハープを作り(職人さんにもコンタクトを取れました)、それを使って演奏活動をする事で、みなさんにアイリッシュハープの音色を楽しんでいただくとともに、現在、日本の国産の木が使われない事で起きているいろいろな問題を知ってもらったり、森や木について興味を持ってもらうきっかけを作りたいと思っています。

そのために今、まだアイルランドにいられる間に、アイリッシュハープの演奏技術を上げるためのレッスンを少しでもたくさん受けておきたいです。

私の夢にご協力頂けませんか?
どうぞよろしくお願いいたします。

おかげさまで目標金額は達成いたしました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます。
レッスン費以上に集まった分は国産材ハープ制作費に当てますので、今後もご協力いただければ幸いです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ブログランキング参加中です。
ぽちっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Cobblesroneのセッション Session in Cobblesrone

おはようございます。

水曜日の夜は、Cobblesroneというパブのセッションに行ってきました。

I went to Cobblesrone on Wednesday.

前にも一度友達に誘われてハープを持って月曜日に行ったことがあるのですが、毎週月曜日はセッションの参加者がかなり多く、ハープは大きくてスペースとるし、曲のレパートリーも少なくて曲弾けないしで早めに退散しました。

いつも一緒にバスキングしてるメアリーさんが、水曜日のセッションは人もそんなに多くないし、上手いフィドラーがいるって話していたので今回は楽器無しで聞きに行ってきました。

同じパブでも曜日によって参加者が違うみたいです。

Cobblesrone1

フィドラーが多いセッションで、いろんなフィドラーの演奏をずっと見てました。
フィドルもバイオリンも、弦に対して弓は90度にして弾くのが一般的なのですが、今回来てたフィドラーが、弓をかなり斜めにして弾いてました。でもすごくいい音。フィドルって個人によっていろいろなスタイルがあるなーと改めて思いました。

There were many fiddlers.

アイルランドに来てセッションに行ったり、CDを聞いたりして聞き覚えのある曲はたくさんできたのですがまだ弾けない。。。

ハープとフィドル両方やってますが、今のところ一曲を一通り弾けるようになるのに、たぶんハープはフィドルの10倍以上時間がかかります。なのでどうしても練習時間の大半はハープに費やしてしまいます。
たぶんハープやってなかったら10倍以上のスピードでフィドルのレパートリー増やせる気がする。。。だからってハープ辞めたりしませんが。

アイリッシュミュージックの曲は星の数ほどあるので、気長に覚えていくようがんばります。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この度、クラウドファンディングという方法で、Janet Harbison先生のアイリッシュハープのレッスン費(1週間コース)を集めることとなりました。

ちなみにクラウドファウンディングとは、インターネット経由で不特定多数の個人から支援金を集めるサービスで、新しい資金調達の手段として注目されています。
この度私が利用させてもらうのは、日本初のクラウドファンディングサイト、READYFOR?です。

https://readyfor.jp

クラウドファンディングは金銭的リターンのない「寄付型」、金銭リターンが伴う「投資型」、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」という3つの種類があるのですが、このサイトは「購入型」です。

今回ご支援いただいた方には、金額に応じてサンクスレター、アイルランドのお土産品、ケルト模様のシルバーアクセサリーなどをお送りいたします。

また、All or Nothingという仕組みで、募集期間の終了時に目標金額に届かなければ0円になってしまいます。目標金額に届けば、集まった金額から15%の手数料を引いた額を頂く事が出来ます。

プロジェクトページはこちら。

https://readyfor.jp/projects/harplesson

Facebookやtwitterでシェアしていただいたり、広報にもご協力頂ければ大変助かります。

アイルランドから帰国後は、日本の国産材でアイリッシュハープを作り(職人さんにもコンタクトを取れました)、それを使って演奏活動をする事で、みなさんにアイリッシュハープの音色を楽しんでいただくとともに、現在、日本の国産の木が使われない事で起きているいろいろな問題を知ってもらったり、森や木について興味を持ってもらうきっかけを作りたいと思っています。

そのために今、まだアイルランドにいられる間に、アイリッシュハープの演奏技術を上げるためのレッスンを少しでもたくさん受けておきたいです。

私の夢にご協力頂けませんか?
どうぞよろしくお願いいたします。

おかげさまで目標金額は達成いたしました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます。
レッスン費以上に集まった分は国産材ハープ制作費に当てますので、今後もご協力いただければ幸いです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ブログランキング参加中です。
ぽちっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村




バスカーの写真を撮るとき。When you take a picture of a busker...

おはようございます。

ここ最近は天気のいい日が続いて気温も低すぎず、バスキングにほぼ毎日出られてうれしいです。
しばらく一人で弾いた後、夕方からはメアリーさんと一緒にバスキングしています。

It's been good weather these days
I busk with Mary in the evening.

バスキング中、結構写真を撮られる事も多いです。

Many people take photos of our busking.

メアリーさんは何も言わずに写真を撮って、チップも入れずに立ち去る人をすごく嫌がります。
写真を撮る事自体が悪いのではなく、無断でっていうのが失礼だそうです。
「彼らは音楽を楽しんでるのでも無く、私たちを人間じゃなくて風景の一部としか見ていない」っておっしゃってます。

Mary doesn't like people who take photos of our busking without asking or without tips.

私はメアリーさんと一緒に演奏できるだけでうれしいのでそこまで神経質に周りを気にしませんが、確かに写真を何枚もパシャパシャ撮った後何も言わずに立ち去られるとちょっとイラッとしますよね。

She says that they regard us not as humans but as a part of a scene.

アイルランドに観光に来て、バスキングの写真を撮りたい時は、一言「撮っていいですか」と聞くか、チップを入れるかしましょう。
チップを入れるお金の余裕が無かったとしても、いいバスキングだったら「よかったよ」とか「ありがとう」とか一言声をかけてもらえれば、バスカーにとってはとてもうれしいです。

If you want to take a photo of a busker, you should ask him/her or give some tips.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この度、クラウドファンディングという方法で、Janet Harbison先生のアイリッシュハープのレッスン費(1週間コース)を集めることとなりました。

ちなみにクラウドファウンディングとは、インターネット経由で不特定多数の個人から支援金を集めるサービスで、新しい資金調達の手段として注目されています。
この度私が利用させてもらうのは、日本初のクラウドファンディングサイト、READYFOR?です。

https://readyfor.jp

クラウドファンディングは金銭的リターンのない「寄付型」、金銭リターンが伴う「投資型」、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」という3つの種類があるのですが、このサイトは「購入型」です。

今回ご支援いただいた方には、金額に応じてサンクスレター、アイルランドのお土産品、ケルト模様のシルバーアクセサリーなどをお送りいたします。

また、All or Nothingという仕組みで、募集期間の終了時に目標金額に届かなければ0円になってしまいます。目標金額に届けば、集まった金額から15%の手数料を引いた額を頂く事が出来ます。

プロジェクトページはこちら。

https://readyfor.jp/projects/harplesson

Facebookやtwitterでシェアしていただいたり、広報にもご協力頂ければ大変助かります。

アイルランドから帰国後は、日本の国産材でアイリッシュハープを作り(職人さんにもコンタクトを取れました)、それを使って演奏活動をする事で、みなさんにアイリッシュハープの音色を楽しんでいただくとともに、現在、日本の国産の木が使われない事で起きているいろいろな問題を知ってもらったり、森や木について興味を持ってもらうきっかけを作りたいと思っています。

そのために今、まだアイルランドにいられる間に、アイリッシュハープの演奏技術を上げるためのレッスンを少しでもたくさん受けておきたいです。

私の夢にご協力頂けませんか?
どうぞよろしくお願いいたします。

おかげさまで目標金額は達成いたしました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます。
レッスン費以上に集まった分は国産材ハープ制作費に当てますので、今後もご協力いただければ幸いです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ブログランキング参加中です。
ぽちっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

バスキング用の椅子修理。Repairing my stool for busking

おはようございます。

先日バスキング用の椅子の布が破けてしまい、次の日バスキングに行く前に新しい椅子を探しにいきました。

I looked for new stool for busking the other day because my stool had been broken.

椅子を買ったアウトドアショップに行ったのですが見当たらず。お店の人に聞いたら夏しか入荷していないとの事。他のアウトドアショップにも行ってみましたがこっちにも無い。

次はArgosっていう、店先のカタログ又はインターネットで商品を選んで、製品番号をお店のカウンターに持っていくと、奥の倉庫からその商品を持って来てくれるというシステムのお店に行きました。子供のおもちゃからキャンプ用品、家具、家電、アクセサリーまでかなりの品揃えです。

お店のカタログと検索コンピューターを駆使して探しましたがなかなかちょうどいいのが無い。。。30分くらい探してやっと良さげなのを見つけてカウンターに注文しましたが、実物を見たら思ったよりサイズが大きくて申し訳なかったですが返品しました。

結局バスキング用品持ち歩きつつ2時間近く椅子を求めて彷徨ってました。
これは新しい椅子を見つけるより修理した方が早そうです。

I kept finding a stool for 2 hours, but I couldn't find it
I decided to repair my stool by myself.

この日のバスキングはいつもハープ載せてるカゴに座って弾きました。お尻痛かった。。。

家に帰って早速修理。

結構何カ所も破けてるので地道にそれぞれ縫っていきました。
縫い目はお世辞にもきれいでは無かったですが、とりあえずつながればいいです。

最後は補強のため当て布をボンドで貼付け。
当て布は、持って来たけど一回も着なかったジーンズのハーフパンツを切って使いました。

repairedstool

完成!

手間はかかりましたが新しい椅子を買う費用が浮いたので良かったです。

昨日バスキングで使ってみましたが違和感無く使えました。
どうか帰国する5月までもちますように。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この度、クラウドファンディングという方法で、Janet Harbison先生のアイリッシュハープのレッスン費(1週間コース)を集めることとなりました。

ちなみにクラウドファウンディングとは、インターネット経由で不特定多数の個人から支援金を集めるサービスで、新しい資金調達の手段として注目されています。
この度私が利用させてもらうのは、日本初のクラウドファンディングサイト、READYFOR?です。

https://readyfor.jp

クラウドファンディングは金銭的リターンのない「寄付型」、金銭リターンが伴う「投資型」、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」という3つの種類があるのですが、このサイトは「購入型」です。

今回ご支援いただいた方には、金額に応じてサンクスレター、アイルランドのお土産品、ケルト模様のシルバーアクセサリーなどをお送りいたします。

また、All or Nothingという仕組みで、募集期間の終了時に目標金額に届かなければ0円になってしまいます。目標金額に届けば、集まった金額から15%の手数料を引いた額を頂く事が出来ます。

プロジェクトページはこちら。

https://readyfor.jp/projects/harplesson

Facebookやtwitterでシェアしていただいたり、広報にもご協力頂ければ大変助かります。

アイルランドから帰国後は、日本の国産材でアイリッシュハープを作り(職人さんにもコンタクトを取れました)、それを使って演奏活動をする事で、みなさんにアイリッシュハープの音色を楽しんでいただくとともに、現在、日本の国産の木が使われない事で起きているいろいろな問題を知ってもらったり、森や木について興味を持ってもらうきっかけを作りたいと思っています。

そのために今、まだアイルランドにいられる間に、アイリッシュハープの演奏技術を上げるためのレッスンを少しでもたくさん受けておきたいです。

私の夢にご協力頂けませんか?
どうぞよろしくお願いいたします。

おかげさまで目標金額は達成いたしました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます。
レッスン費以上に集まった分は国産材ハープ制作費に当てますので、今後もご協力いただければ幸いです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ブログランキング参加中です。
ぽちっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村


バスキング用の椅子壊れたー。 My stool for busking was broken.

おはようございます。

最近、なぜか身の回りの物がどんどん壊れていく謎の呪いにかかっているのですが、今度はバスキング用の椅子が壊れました。

My personal belongings were broken recently.
Yesterday , my stool for busking was broken.

brokenstool

こんな感じ。

O'Donoghue'sのセッションでこれに座ってたら突然布が破けて、コントみたいに危うくコケそうになりました。
演奏中じゃなかったのが不幸中の幸いです。

前にも一度破けて縫って使ってたのですが、もう結構布ぼろぼろで寿命っぽいので買い替えないといけません。
あー。また予想外の出費です。

まさか今度はハープ壊れたりしませんよね。。。
それだけは本当勘弁してほしいです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この度、クラウドファンディングという方法で、Janet Harbison先生のアイリッシュハープのレッスン費(1週間コース)を集めることとなりました。

ちなみにクラウドファウンディングとは、インターネット経由で不特定多数の個人から支援金を集めるサービスで、新しい資金調達の手段として注目されています。
この度私が利用させてもらうのは、日本初のクラウドファンディングサイト、READYFOR?です。

https://readyfor.jp

クラウドファンディングは金銭的リターンのない「寄付型」、金銭リターンが伴う「投資型」、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」という3つの種類があるのですが、このサイトは「購入型」です。

今回ご支援いただいた方には、金額に応じてサンクスレター、アイルランドのお土産品、ケルト模様のシルバーアクセサリーなどをお送りいたします。

また、All or Nothingという仕組みで、募集期間の終了時に目標金額に届かなければ0円になってしまいます。目標金額に届けば、集まった金額から15%の手数料を引いた額を頂く事が出来ます。

プロジェクトページはこちら。

https://readyfor.jp/projects/harplesson

Facebookやtwitterでシェアしていただいたり、広報にもご協力頂ければ大変助かります。

アイルランドから帰国後は、日本の国産材でアイリッシュハープを作り(職人さんにもコンタクトを取れました)、それを使って演奏活動をする事で、みなさんにアイリッシュハープの音色を楽しんでいただくとともに、現在、日本の国産の木が使われない事で起きているいろいろな問題を知ってもらったり、森や木について興味を持ってもらうきっかけを作りたいと思っています。

そのために今、まだアイルランドにいられる間に、アイリッシュハープの演奏技術を上げるためのレッスンを少しでもたくさん受けておきたいです。

私の夢にご協力頂けませんか?
どうぞよろしくお願いいたします。

おかげさまで目標金額は達成いたしました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます。
レッスン費以上に集まった分は国産材ハープ制作費に当てますので、今後もご協力いただければ幸いです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ブログランキング参加中です。
ぽちっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

コールタスのレッスン、断念。 I gave up taking a Comhaltas harp class.

おはようございます。

昨年の後半から行っていたコールタスのハープレッスンですが、残念ながら今年は断念しました。

I gave up taking a Comhaltas harp class for some reasons.

自分で左手のアレンジを考えるって言うレッスン自体はとても良かったし、昨年末までは新年度のクラスも受ける気満々で、ハープに加えてフィドルのクラスも取ろうかなと考えてたくらいだったのですが。。。

I liked the lesson itself.

理由としては、

・月一回土曜日に Janet先生のハープレッスンを受けると、金曜日の前日からリムリックに泊まっていないと間に合わないので、コールタスレッスンは月一回休まなければなりません。レッスン費がもったいないし、先生にもご迷惑です。

・waltonsのハープレッスンの課題曲、Janet先生のハープレッスンの課題曲、コールタスのハープレッスンの課題曲、フィドルの課題曲、すべてこなすのはキャパ超えだと感じました。。。他に個人的に弾きたい曲もあるし。全部中途半端になっちゃうのは良くないです。

他にも、バスで片道40分かけて通うのが大変、レッスン始まるのが夜8時で帰りも遅くなるっていうのもあります。
レッスンは諦めてしまいましたが、アイルランドの伝統文化を普及する団体のコールタスの中をちょっとでも見られたのはとても良い経験でした。

一昨日の金曜日から今年度前半のクラスがスタートの日だったのですが、受付の人に今回は申し込まない旨伝えてきました。クラスは受けないのにわざわざモンクスタウンのコールタスまで行って来たのは、これをゲットするため。

Foinn Seisiún Book

Foinn Seisiún books。
セッションでよく弾かれる曲を集めた楽譜です。
CDバージョンもあって、他のお店で買ってしまったのですが、本当はコールタスで買った方が断然安かったみたいです。。。

I didn't take a harp class, but I went to the Comhaltas in Monkstown to buy them.
They are music books of popular session tunes.

3冊で328曲収録。
良いアイリッシュミュージシャンは1000曲以上レパートリーがあるっていうから、これ全部覚えたとしてもまだまだなんだろうな。。。

O'Donoghue'sのセッションで弾かれる曲もたくさん載ってるし、これを使ってレパートリーを増やしていきたいです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この度、クラウドファンディングという方法で、Janet Harbison先生のアイリッシュハープのレッスン費(1週間コース)を集めることとなりました。

ちなみにクラウドファウンディングとは、インターネット経由で不特定多数の個人から支援金を集めるサービスで、新しい資金調達の手段として注目されています。
この度私が利用させてもらうのは、日本初のクラウドファンディングサイト、READYFOR?です。

https://readyfor.jp

クラウドファンディングは金銭的リターンのない「寄付型」、金銭リターンが伴う「投資型」、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」という3つの種類があるのですが、このサイトは「購入型」です。

今回ご支援いただいた方には、金額に応じてサンクスレター、アイルランドのお土産品、ケルト模様のシルバーアクセサリーなどをお送りいたします。

また、All or Nothingという仕組みで、募集期間の終了時に目標金額に届かなければ0円になってしまいます。目標金額に届けば、集まった金額から15%の手数料を引いた額を頂く事が出来ます。

プロジェクトページはこちら。

https://readyfor.jp/projects/harplesson

Facebookやtwitterでシェアしていただいたり、広報にもご協力頂ければ大変助かります。

アイルランドから帰国後は、日本の国産材でアイリッシュハープを作り(職人さんにもコンタクトを取れました)、それを使って演奏活動をする事で、みなさんにアイリッシュハープの音色を楽しんでいただくとともに、現在、日本の国産の木が使われない事で起きているいろいろな問題を知ってもらったり、森や木について興味を持ってもらうきっかけを作りたいと思っています。

そのために今、まだアイルランドにいられる間に、アイリッシュハープの演奏技術を上げるためのレッスンを少しでもたくさん受けておきたいです。

私の夢にご協力頂けませんか?
どうぞよろしくお願いいたします。

おかげさまで目標金額は達成いたしました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます。
レッスン費以上に集まった分は国産材ハープ制作費に当てますので、今後もご協力いただければ幸いです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ブログランキング参加中です。
ぽちっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村




アイリッシュミュージックの本。A book of Irish music

おはようございます。

相変わらずハープとフィドルの練習と、雨が降らなければバスキングに出る日々を続けています。
一定時間あたりのチップの入りは最初想像していた程悪くはないですが、雨の日多いのと寒くて長時間演奏できないのとで思うようには稼げていないです。

I practice an Irish harp and a fiddle everyday.
I go busking if it is not raining.

あと、語学学校に行ってたときに作った学生用のLeapカード(suikaみたいなもの)の期限が12月で切れちゃって今は一般用の使ってるのですが、学生用はバス30日分チケット100€だったのに、一般用は147.5€。一気に1.5倍になっちゃった。

My student Leap card has expired in December.
I have to use normal Leap card. Bus fare became expensive...

普通にシティーセンターと家往復するなら4.1€。30日分チケット使ったら一日当たり4.9€。普通にバスキングするだけならカードのチャージ分からで都度払いした方が良いですが、居合とかフィドルのレッスン日は4.9€以上使うので、チケット使った方がお得です。日によって使い分けないといけないですね。ちょっと面倒。学生カードは一日当たり3.3€だったのに。。。
長距離バスに乗るにももう学生価格は使えません。。。

あと最近ハープに付いてるピックアップの調子が悪くて、もしかしたら買い替えないといけないかも。アンプとピックアップ繋ぐケーブル替えたらちょっと復活したのですがまたダメになりました。。。

フィドルにイヤホンにiPhoneの充電器にピックアップに、最近自分の周りの物壊れ過ぎです。なんか呪われてるのかな。

支出が多くなってるのにも関わらずこういう物はためらいも無く買ってしまいます。

I bought a book of Irish music.

irishmusicbook

waltonsで見つけたアイリッシュミュージックのガイド本。
有名な演奏家の名前や各楽器の紹介、アイリッシュミュージック用語などがA-Zの辞書形式で載ってます。オカロランとかハープの項目もありました。これで10€くらいなので意外とリーズナブルです。

すごくいい本だと思いますが、アイリッシュミュージックの歴史の時系列的なものは分かりにくいので、そういう本があったらゲットしたいですね。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この度、クラウドファンディングという方法で、Janet Harbison先生のアイリッシュハープのレッスン費(1週間コース)を集めることとなりました。

ちなみにクラウドファウンディングとは、インターネット経由で不特定多数の個人から支援金を集めるサービスで、新しい資金調達の手段として注目されています。
この度私が利用させてもらうのは、日本初のクラウドファンディングサイト、READYFOR?です。

https://readyfor.jp

クラウドファンディングは金銭的リターンのない「寄付型」、金銭リターンが伴う「投資型」、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」という3つの種類があるのですが、このサイトは「購入型」です。

今回ご支援いただいた方には、金額に応じてサンクスレター、アイルランドのお土産品、ケルト模様のシルバーアクセサリーなどをお送りいたします。

また、All or Nothingという仕組みで、募集期間の終了時に目標金額に届かなければ0円になってしまいます。目標金額に届けば、集まった金額から15%の手数料を引いた額を頂く事が出来ます。

プロジェクトページはこちら。

https://readyfor.jp/projects/harplesson

Facebookやtwitterでシェアしていただいたり、広報にもご協力頂ければ大変助かります。

アイルランドから帰国後は、日本の国産材でアイリッシュハープを作り(職人さんにもコンタクトを取れました)、それを使って演奏活動をする事で、みなさんにアイリッシュハープの音色を楽しんでいただくとともに、現在、日本の国産の木が使われない事で起きているいろいろな問題を知ってもらったり、森や木について興味を持ってもらうきっかけを作りたいと思っています。

そのために今、まだアイルランドにいられる間に、アイリッシュハープの演奏技術を上げるためのレッスンを少しでもたくさん受けておきたいです。

私の夢にご協力頂けませんか?
どうぞよろしくお願いいたします。

おかげさまで目標金額は達成いたしました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます。
レッスン費以上に集まった分は国産材ハープ制作費に当てますので、今後もご協力いただければ幸いです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ブログランキング参加中です。
ぽちっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村







アイルランドの工芸品トレードフェア。Trade Fair of crafts in Ireland

おはようございます。

だいぶ日にちが経ってしまいましたが、スコットランドから帰って来た次の日の月曜日、ダブリンで行われたアイルランドの工芸品のトレードフェアに行ってきました。今回もワーホリサポートの人限定で一日社員扱いで入場できました。

I went to a Trade Fair of crafts in Ireland.

スコットランドのトレードフェアよりも規模が大きいです。

dublintradefare

個人の作家さんからアイルランド土産をたくさん作ってる大きな会社までいろいろな人が出店していました。
こっちにもケルト模様アクセサリー多数。あとアランセーターのお店とか、ピューター製品のお店、ニチアイツアーで行ったキルケニーの有名な陶器屋さん、ニコラス・モスも出店してました。
ニチアイツアーで訪ねたティペラリーのお城に住んでるニットデザイナーのシリル・カレンさんにまたお会いできました。

アイルランドの工芸品を一気に見られてたフェアでした。
日本にもこういうトレードフェアあるのかな。行ってみたいな。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この度、クラウドファンディングという方法で、Janet Harbison先生のアイリッシュハープのレッスン費(1週間コース)を集めることとなりました。

ちなみにクラウドファウンディングとは、インターネット経由で不特定多数の個人から支援金を集めるサービスで、新しい資金調達の手段として注目されています。
この度私が利用させてもらうのは、日本初のクラウドファンディングサイト、READYFOR?です。

https://readyfor.jp

クラウドファンディングは金銭的リターンのない「寄付型」、金銭リターンが伴う「投資型」、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」という3つの種類があるのですが、このサイトは「購入型」です。

今回ご支援いただいた方には、金額に応じてサンクスレター、アイルランドのお土産品、ケルト模様のシルバーアクセサリーなどをお送りいたします。

また、All or Nothingという仕組みで、募集期間の終了時に目標金額に届かなければ0円になってしまいます。目標金額に届けば、集まった金額から15%の手数料を引いた額を頂く事が出来ます。

プロジェクトページはこちら。

https://readyfor.jp/projects/harplesson

Facebookやtwitterでシェアしていただいたり、広報にもご協力頂ければ大変助かります。

アイルランドから帰国後は、日本の国産材でアイリッシュハープを作り(職人さんにもコンタクトを取れました)、それを使って演奏活動をする事で、みなさんにアイリッシュハープの音色を楽しんでいただくとともに、現在、日本の国産の木が使われない事で起きているいろいろな問題を知ってもらったり、森や木について興味を持ってもらうきっかけを作りたいと思っています。

そのために今、まだアイルランドにいられる間に、アイリッシュハープの演奏技術を上げるためのレッスンを少しでもたくさん受けておきたいです。

私の夢にご協力頂けませんか?
どうぞよろしくお願いいたします。

おかげさまで目標金額は達成いたしました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます。
レッスン費以上に集まった分は国産材ハープ制作費に当てますので、今後もご協力いただければ幸いです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ブログランキング参加中です。
ぽちっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

スコットランドへの旅 その②

おはようございます。

引き続きスコットランド旅行紀です。

B&Bで出たスコティッシュブレックファースト。

scotland8

内容はアイリッシュブレックファーストとほとんど同じ。美味しかったです。

スコットランド2日目は田舎をひたすらドライブです。

We went for a drive around in the countryside of Scotland.

scotland9

朝の雪景色きれい。

エージェントの社長さんが撮り鉄なので、ローカル鉄道を見に行きました。

scotland10

ハリーポッターの映画で出て来たらしいグレンフィナン高架橋。
残念ながらもっと近くへ行くには雪道を歩かなければいけないので遠景のみ撮りました。

scotland11

ローカル駅。

scotland12

列車が来ました。雪景色の中で絵になりますね。
電車じゃなくてディーゼルエンジン。私の地元のローカル線と同じです。

次はネス湖へ。

scotland13

ネッシーには残念ながら会えず。

scotland18

scotland17

でもグッズはいっぱい。
実在してるかは定かではありませんが、地域経済には貢献してるようです。

scotland16

可愛らしい街。

scotland15

めっちゃ毛の長い牛さんがいました。
「スコティッシュ・ハイランド・キャトル」というらしいです。
長い前髪からのぞくつぶらな瞳。なんかアニメキャラでよくこんな感じのいる気がする。

scotland21

scotland20

スコットランドのハイランド地方は氷河で削られて出来たフィヨルド地形が多く、細長い入り江や湖も多かったです。

scotland22

スコットランドの山は「岩」って感じ高いところには土がほとんどありません。

scotland19

山裾にはちょっと土があるみたいで、日本のスギ・ヒノキ林と同じく針葉樹の大規模植林って感じの場所がたくさんありました。ハープ工房の職人さんの話だと外来の木だそうです。
日本と同じで植林されている斜面も急だし、伐採が大変そうです。

急斜面なのに大規模に皆伐(広範囲の木を一気に伐採すること)をしている場所がたくさんあって、土砂崩れとかしないのかなと思いましたが、スコットランドは日本みたいに台風がしょっちゅう来たり、強い雨が降ったり、地震が起きたりしないからあまり問題ないのかな。スコットランドの林業にちょっと興味がわきました。

最後はスカイ島というところまで行きました。何も無い荒野で、地の果てに来たって感じです。
今回は曇り時々雪でしたが、晴れていたら素晴らしい景色が見られるみたい。

次の日はまた長距離ドライブして、この旅の主目的のグラスゴーのクラフトフェアへ。

scotland23

フェアの入り口。中であんまり写真撮ると、デザインを盗みに来た中国人かと思われるので自重しました。
スコットランドの工芸品や食品がたくさん展示してあってとても興味深かったです。

ケルティッククロスとか縄目、渦巻き模様のケルティックデザインのアクセサリーの展示もありました。

celtic1

この写真自体はアイルランドのお土産物屋さんで撮ったものですが、だいたいこんな感じのデザインです。

個人的にケルト模様のアクセサリー大好きです。日本でもこういうの好きな人たくさんいると思うんだけどな。

フェアの後は飛行機に乗ってグラスゴーからダブリンへ戻りました。
とても楽しく、勉強になった旅でした。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この度、クラウドファンディングという方法で、Janet Harbison先生のアイリッシュハープのレッスン費(1週間コース)を集めることとなりました。

ちなみにクラウドファウンディングとは、インターネット経由で不特定多数の個人から支援金を集めるサービスで、新しい資金調達の手段として注目されています。
この度私が利用させてもらうのは、日本初のクラウドファンディングサイト、READYFOR?です。

https://readyfor.jp

クラウドファンディングは金銭的リターンのない「寄付型」、金銭リターンが伴う「投資型」、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」という3つの種類があるのですが、このサイトは「購入型」です。

今回ご支援いただいた方には、金額に応じてサンクスレター、アイルランドのお土産品、ケルト模様のシルバーアクセサリーなどをお送りいたします。

また、All or Nothingという仕組みで、募集期間の終了時に目標金額に届かなければ0円になってしまいます。目標金額に届けば、集まった金額から15%の手数料を引いた額を頂く事が出来ます。

プロジェクトページはこちら。

https://readyfor.jp/projects/harplesson

Facebookやtwitterでシェアしていただいたり、広報にもご協力頂ければ大変助かります。

アイルランドから帰国後は、日本の国産材でアイリッシュハープを作り(職人さんにもコンタクトを取れました)、それを使って演奏活動をする事で、みなさんにアイリッシュハープの音色を楽しんでいただくとともに、現在、日本の国産の木が使われない事で起きているいろいろな問題を知ってもらったり、森や木について興味を持ってもらうきっかけを作りたいと思っています。

そのために今、まだアイルランドにいられる間に、アイリッシュハープの演奏技術を上げるためのレッスンを少しでもたくさん受けておきたいです。

私の夢にご協力頂けませんか?
どうぞよろしくお願いいたします。

おかげさまで目標金額は達成いたしました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます。
レッスン費以上に集まった分は国産材ハープ制作費に当てますので、今後もご協力いただければ幸いです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ブログランキング参加中です。
ぽちっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村





スコットランドへの旅 その①

おはようございます。

先週の金曜日からスコットランドへの旅に行ってきました。

I had a trip to Scotland.

今回も留学エージェントのニチアイさん主催で、ワーキングホリデーサポート利用をしている人限定のツアーです。ニチアイの社長さんと、以前もツアーをご一緒したAさんと私の3人の少人数旅行。

A study abroad agent that I used held the tour.

主目的は日曜日にグラスゴーで行われるトレードフェア(展示会)に参加する事ですが、(本当は業者オンリーなのですが我々ワーホリサポート組は今回特別に一日社員扱いしていただきました)せっかくスコットランドに行くならトレードフェアだけでなく田舎にも行ってみましょうという事でツアーになりました。

金欠だしポンド高いしで最初は行くか迷っていたのですが、航空券は片道30€くらいで、社長さんが宿を工夫したりいろいろサービスしてくださって旅費はかなりお得でした。ニチアイツアーじゃ無かったらとても旅行なんて出来ませんでしたね。

少人数参加だったので結構目的地はフレキシブルで、私は「Starfish」というハープ工房をリクエストしました。

レバーで半音を操作するハープはアイルランドだけでなくスコットランドやフランスのブルターニュなどにもあります。
アイルランドではアイリッシュハープ、スコットランドではスコティッシュハープ、フランスではケルティックハープと呼び名は違いますがハープの作り自体は同じタイプです。レバーハープとも呼ばれます。

金曜日にグラスゴーで集合した後、レンタカーを借りてハープ工房へ。

scotland2

素晴らしい景色が見られました。

We could see beautiful view.

scotland6

グラスゴーから2時間くらいでハープ工房に無事到着。工房は湖の近くの小さな町にありました。ちょうど写真の大きな橋を渡ったところです。

scotland3

We visited a famous harp workshop, Starfish.

「Starfish」。多くの有名なハープ奏者がこのメーカーのハープを使っています。
かなりの人気で、今注文したら8ヶ月待ちだそうです。
http://harps.starfishdesigns.co.uk/home.aspx

scotland4

ハープがいっぱい♪

試奏もさせてもらいました。モデルによって弦の幅やテンションなど少しずつ違います。
34弦のフォークハープテンションのglencoeというモデルが一番気に入りました。キラキラした音で、弾いててとても気持ちのいいハープです。あと試奏のためにハープを移動するとき、とても軽くてビックリしました。

I tried playing these harps.
The sound was beautiful.

お忙しい中、職人さんがハープについていろいろ説明してくれました。
ハープ奏者はハープを持って移動する事が多いので、それに合わせて楽器を軽くしたり、飛行機にも預け入れ出来る車輪付きのハードケースを開発したりいろいろ工夫されているみたいでした。

私もハープはどうやって軽くしているのかとか、どこの木を使っているのかとか疑問に思った事をいろいろ質問攻めにしてしまったのですが、みんな丁寧に答えてくださいました。とても勉強になりました。

Starfishのハープすごくよかったので、もしお金があったら買って帰りたいくらいでした。
ただやっぱり私が一番弾いてみたいのは国産材のハープです。

scotland7


帰りがけにStarfish使ってるハープ奏者のCDゲット。
職人さん、いろいろありがとうございました。

I bought CDs.

宿はハープ工房から車で30分くらいのB&B。

夕ご飯は節約してTESCOへ。
ビックリするもの発見しました。

I was surprised at these foods.

scotland5

これで合わせて15ペンス。日本円で27円くらいですよ!
賞味期限12時間前に切れてたけど普通に売ってます。私の夕飯これで決定。

Very cheep!
These had passed the freshness date.

日本だったら絶対あり得ないでしょうね。。。
こういうの食べてれば、イギリスならどんなに貧乏でも生きていけるなーと思いました。
ちなみに今までバスキングしててポンドで入ったチップが総額15ポンドくらいあり、今回使えてラッキーでした。

It is impossible to buy such foods in Japan.

スコットランド一日目、とても楽しかったです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この度、クラウドファンディングという方法で、Janet Harbison先生のアイリッシュハープのレッスン費(1週間コース)を集めることとなりました。

ちなみにクラウドファウンディングとは、インターネット経由で不特定多数の個人から支援金を集めるサービスで、新しい資金調達の手段として注目されています。
この度私が利用させてもらうのは、日本初のクラウドファンディングサイト、READYFOR?です。

https://readyfor.jp

クラウドファンディングは金銭的リターンのない「寄付型」、金銭リターンが伴う「投資型」、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」という3つの種類があるのですが、このサイトは「購入型」です。

今回ご支援いただいた方には、金額に応じてサンクスレター、アイルランドのお土産品、ケルト模様のシルバーアクセサリーなどをお送りいたします。

また、All or Nothingという仕組みで、募集期間の終了時に目標金額に届かなければ0円になってしまいます。目標金額に届けば、集まった金額から15%の手数料を引いた額を頂く事が出来ます。

プロジェクトページはこちら。

https://readyfor.jp/projects/harplesson

Facebookやtwitterでシェアしていただいたり、広報にもご協力頂ければ大変助かります。

アイルランドから帰国後は、日本の国産材でアイリッシュハープを作り(職人さんにもコンタクトを取れました)、それを使って演奏活動をする事で、みなさんにアイリッシュハープの音色を楽しんでいただくとともに、現在、日本の国産の木が使われない事で起きているいろいろな問題を知ってもらったり、森や木について興味を持ってもらうきっかけを作りたいと思っています。

そのために今、まだアイルランドにいられる間に、アイリッシュハープの演奏技術を上げるためのレッスンを少しでもたくさん受けておきたいです。

私の夢にご協力頂けませんか?
どうぞよろしくお願いいたします。

おかげさまで目標金額は達成いたしました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます。
レッスン費以上に集まった分は国産材ハープ制作費に当てますので、今後もご協力いただければ幸いです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ブログランキング参加中です。
ぽちっとしていただけるとはげみになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
sidetitleプロフィールsidetitle

森のハープ弾き    (阿久津 瞳)

Author:森のハープ弾き    (阿久津 瞳)
森のハープ弾き 阿久津 瞳
栃木県芳賀町生まれ。2011年に宇都宮大学農学部森林科学科を首席で卒業。
森林インストラクターの資格を持つ。
大学卒業後3年間、自然ガイドとして働きつつハープを習い、
その後アイルランドに渡り1年間アイリッシュハープとアイリッシュフィドルを学ぶ。
現在栃木県民の森で森の案内員をしながら宇都宮市でハープ教室「竪琴教室 林音」を主催。
日本の木にこだわったハープを奏で、国産材ハープ製作にも挑戦している。
居合道五段。

2015年5月に1年間のアイルランド滞在から帰国するも、リエントリーショックにより一時期引きこもる。2016年秋くらいから徐々に復活。

日本の森を勉強してきたので、演奏する楽器は国産材にこだわっている。
いつかフィドルも人前で弾けるレベルにしたいが、メインはハープ。

演奏動画はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCGzJphL9Zn8atsaIkFUMH-w

メールはこちらまで。
moriharp★gmail.com
★の部分を@に変えてお送りください。

公式ホームページはこちら
http://moriharp.wixsite.com/moriharp
更新中の新ブログはこちら。
森のハープ弾き つれづれ日記

Harper in the Forest Hitomi Akutsu

Player of domestic timber harp
Born in Haga town in Tochigi prefecture

I graduated first on the list, Utsunomiya University, Department of Forest Science.
After I had worked as a nature guide in Niki Club in Nasu for 3 years,
I went to Ireland to learn Irish harp and Irish fiddle for a year.

I love Budo, Japanese martial arts, too.
I have the fourth dan of Iaido and the second dan of Kyudo.

As I have studied Japanese woods, I have a special interest in the musical instruments made of domestic timber.
I play the harp mainly, to be sure but, I would like to improve my fiddle skill too.

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleバナーsidetitle
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR